オールドドメインを利用したSEO対策

オールドドメインという言葉を聞いたことがあるだろうか。オールドドメインとは、以前は誰か他の人が使用していたが、契約をやめたなどの理由によって、使用されなくなったドメインのことを指す。最近、このように使われなくなったオールドドメインを取得して、それを販売するというビジネスを目にすることがある。過去そのドメインの中に含まれていた情報や、そのドメインへの被リンクなどを利用して、ある一定のアクセスが見込めるため人気だ。

ドメインというものは、世界中で使用されており、その取得権は先着順である。もし、利用したい文字列があったとしても、他の誰かが使用している場合、もう取得することができない。もしその誰かが、ドメインの利用をやめた時、あなたはそのオールドドメインを使用することができるようになる。逆に言うと、もし何らかの理由であなたが利用しているドメインが浮いてしまった場合、その隙に誰かに取得されてしまう可能性があるということだ。

また、オールドドメインを利用する理由は、SEO的にさまざまなメリットがあることが大きい。大手の検索エンジンには、その検索方法や表示順に独自のアルゴリズムがある。また、過去そのドメインの中にあった内容が有効になる場合がある。そのため、メインのサイトというよりかは、サテライトサイトへの利用が多い。より多くのドメインから被リンクされているサイトのほうが、検索エンジン的に優位になる可能性が高いためである。

[`livedoor` not found]
[`livedoor_users` not found]
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]