オールドドメインの意味と有用性

オールドドメインとは、一般には中古ドメインとも呼ばれるドメインであり、ドメインの登録年月日から相当の年数が経過しているものである。オールドドメインは古くから使用されていたもののうち、何らかの理由により、現在は使用されていないドメインである為、オールドドメインを買取り、中古ドメインとして販売する業者が登場したり、あるいはオールドドメインのドメインネームを利用したい企業がオールドドメインの買収を行ったりする事もある。

このオールドドメインは、ドメインネームが古くから使用されている事から、その付加価値が高い場合が存在しており、近年注目を集めているドメインでもある。オールドドメインの付加価値が上昇する要件は、以前はドメインを使用して公開していたホームページのコンテンツがそれなりに充実しており、検索エンジンのデータベースに登録されている場合や、他のサイトから、オールドドメインへのリンクが多く行われている場合などである。

このようにオールドドメインのドメインネームが検索エンジンのデータベースに登録されている場合や、ドメインへのリンクが多い場合、企業がオールドドメインを購入し、ホームページを公開する際に有利に働く事が多い。これは、オールドドメインが既に検索エンジンに登録されている事によって、SEO対策の面で有利である為である。その為、公開しようとするホームページ内容と近い内容を公開していたオールドドメインを活用する事によって、ホームページへのアクセス数の増加を期待する事が可能になる。

[`livedoor` not found]
[`livedoor_users` not found]
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]